海

海や川、水害でおぼれない!意外な救命ライフハックとは

夏になると海や川などで思い切り泳いで遊びたくなりますよね。でもそんな楽しいレジャーも、一歩間違えば最悪の事態になってしまうこともあります。

夏を楽しく過ごすために、水害対策や救命ライフハックについて記事を書きました!

シャツを浮袋代わりにする

シャツが浮袋に?

もしもの時、海などに飛び込まなくてはならなくなったら、必死で泳がなくてはならないのでは…と思ってしまいがちですが、実は着用している衣類によっては浮袋代わりになることをご存知でしたか?

特に防水素材のシャツはとても浮きやすいため、覚えておいて損はないでしょう。

浮袋の作り方

シャツを着ている場合、まずシャツの襟を立てて左右をしっかりとつかみます。次に裾をボトムスから出し、襟を持っていないほうの手でシャツの下部分を持ち、やや上半身を傾けて水に飛び込んでみましょう。

シャツが浮くわけがないでしょうと思われるかもしれませんが、意外とシャツは空気を逃さないので浮袋代わりになるのです。

ペットボトルで身体を浮かせる

ペットボトルで浮く?

シャツの他にも、私たちの身近なものを使って水の中で体を浮かせることができます。それはペットボトル。空っぽのペットボトルをお腹と胸の間あたりで抱え込みます。1.5リットル、もしくは2リットルのペットボトルであれば1本、500ミリリットルのペットボトルであれば2本もあれば、ある程度の浮力を得ることができます。

そのまま静かにしていると安定した浮力を得ることができ、顔を水面から出すことができるようになります。

溺れている人がいたら

溺れている人を見つけたら、周囲に助けを呼び、速やかに救助を要請しましょう。同時に手元にあるペットボトルを投げ込んであげましょう。飲み口のくびれのところに長い紐をつけることで、投げ損じた時に素早く回収して再び投げることができます。また投げる際、少しだけ中身を入れることで遠くまで投げられるようになります。

ペットボトル以外で

もしもペットボトルが手元にない場合、他のもので代用できることがあります。例えばサッカーボールやクーラーボックス、ランドセルなどがそれにあたります。

救助を要請して実際に来るまでの時間は8~9分ほどです。もしもの場合はパニックになってしまうため、何とか泳いで助かろうと思いがちですが、着衣泳は泳ぎの得意な人でも難しいため、とにかく浮くことが最優先されます。

また溺れている人を助けるのは至難の業で、着衣のまま助けに行っても、助けることはおろか、最悪の場合助けに行った人の安全も危ぶまれます。決して水の中には入らず、とにかく浮いて待つように呼びかけ、陸から救助する方法を考えましょう。

上着で担架を作る

担架を作る?

急病人が出た際、運びたくても担架がないと運べないことがあります。二人がかりで肩を担ぐにしても、運ばれるほど具合が悪い人は不安定な状態であることが多い上、症状によっては運ばれる人に大きな負担をかけてしまうことがあります。そんなとき、そばにあるもので担架を作ることができたら安心ですよね。

担架の作り方

まず一人が2本の棒を持ちます。もう一人は向き合い、棒を持っている人の裾をめくりあげて引っ張ります。そのまま棒にかぶせるようにして衣服をひっくり返すように通します。もう片方の人も同様に行います。すると担架が完成します。ボタンシャツであれば、予めボタンを2~3個開けてから行うとさらに脱ぎやすくなります。

まとめ

溺れないためのライフハックについてまとめてみました。
楽しい思い出を作るはずが、一生の後悔になってしまった…なんてことには絶対にならないよう、いざというときのライフハックを覚えておきましょう。

山などに行くと出会う「蜂」!トラブル回避のためにこちらもどうぞ! ▶知らないと危険!ハチ対策