ビーチでジャンプをする若者

お金をかけずに夏を楽しく過ごす方法

夏休みは大人も子供も思い切り楽しみたいですよね!でも夏は楽しいことばかりではなく、お財布をふと見たら現実が見えてしまった…なんてこともよくある話です。

でももちろん、お金をかけなくても、夏を楽しむことはできます!この記事がそのヒントになれば嬉しいです。

お祭りに行く

夏だからこそ!花火大会

夏と言えば花火!ですね。でも花火大会の屋台で食事を用意すると、意外と結構なお値段になってしまったりします…。それに屋台の長蛇の列に並んでいるうちに、「ヒュ~ッパンッパンッ」なんて花火が始まってしまったら、焦ってしまいますよね。

そこでオススメなのが、予め家で料理したものをタッパーや使い捨ての容器に入れて持参することです。焼きそばや冷やしキュウリなどはお祭り気分を味わえる上に簡単なのでオススメです。もしも作るのが面倒…ということであれば、冷凍のたこ焼きをチンして詰め替えればとてもラクチン&節約にもなりますね。

もちろんビールやジュースも、スーパーであらかじめ購入しておけば、お祭り価格で購入せずに済みます。クーラーボックスなどで荷物が重くなる場合は、キャリーカートを使うとよいでしょう。

持参メニュー&屋台ならではを味わう

お祭りではできればブラブラしながら食べ歩きたい!ということであれば、唐揚げを串に刺したものや、ソースをかけたお好み焼きを巻いてラップサンド風にしたものを持参することで、お祭り会場をブラブラしながら食べ歩くことができます。

また全てのメニューを持参するのではなく、「焼き鳥やイカ焼きなど、どうしても焼きたてが食べたい!」「かき氷やクレープはその場で買わないと」というメニューのみ屋台で購入するという手もあります。

図書館を活用する

涼しい館内で優雅に読書する

家でクーラーをつけるのは電気代がもったいない!と汗をダラダラかきながら猛暑に耐えるくらいなら、いっそのこと図書館に行ってみませんか?

図書館は空調が効いているので、涼しい環境で本をゆっくり読むことができますし、プールだ海だと疲れた体を休ませることもできます。また夏休みの読書感想文の本を見つけるには絶好の機会です。

キッズコーナーや防音ルームが併設されているなど、小さなお子さんがいても安心できる図書館もあるので、条件を決めて探してみるとよいでしょう。

本を読むだけじゃない、図書館の活用法

夏休みになると多くの図書館ではイベントを行います。読み聞かせや紙芝居はもちろん、スタンプラリーや肝試し、工作教室など子供向けのイベントが盛りだくさんです。施設が充実している図書館であればプラネタリウムや映画館などが併設されている場合もあるため、活用しない手はありません。

夏に役立つ手作りグッズ

安心!虫除けスプレー

夏と言えばアウトドアです。バーベキューや花火大会、海に川にと楽しいレジャーが目白押しですね。でも夏のレジャーにおける悩みと言えば、虫刺されです。せっかくの楽しい思い出が痒みとともに掻きむしられるのは辛いですよね。

市販品の虫除けスプレーはちょっと…と抵抗がある人にオススメなのが、虫除けスプレーを手作りしてしまうことです。自分で作れば何が入っているか一目瞭然なので、小さいお子様がいる場合も安心ですね。
しかも材料はたったの3つでしかも簡単です。

  • ハッカ油…10滴
  • 消毒用エタノールまたは無水エタノール…10cc
  • 水道水又は精製水…40cc

これらをスプレーボトルに入れてシャカシャカ振れば完成です。

手作り虫除けスプレーの注意点

手作り虫除けスプレーにはエタノールが含まれているため、アルコールに過敏な人、乳幼児に使用する際は直接肌にスプレーするのは避けましょう。

薬剤を使っているわけではないので肌に優しい成分なのですが、1~2時間ほどで効果が薄まってしまうため、気になったときにシュッとスプレーするようにするとよいでしょう。

まとめ

お金をかけずに夏を楽しく過ごす方法についてまとめてみました。
夏は何かとお金のかかることが増えますが、賢く節約してなるべくたくさんの思い出を作りましょうね。

夏は暑さ対策が必須!こちらの記事もどうぞ! ▶炎天下でも快適に過ごすライフハックを紹介