快晴

炎天下でも快適に過ごすライフハックを紹介

夏が近づくと用心しなくてはならないのが熱中症です。ずっとエアコンの効いた部屋で過ごすことができればいいのですが、仕事や部活などで炎天下の中で活動をしなくてはならないこともあるのではないでしょうか。

熱射病のリスクを下げる方法

熱射病とは?

熱中症とは暑い環境で起こりうる健康障害の総称です。

その中でも熱射病とは体温が上昇することにより、体の中枢機能に異常をきたした状態のことを言います。体温が高い、ふらつく、呼びかけや刺激への反応が鈍く意識障害がある、言動が不自然などの症状があるときは熱射病を疑うべきでしょう。

意識がない場合は速やかに救急車を呼びます。意識がある場合は涼しい場所に移動し、服を緩めて体を冷やしましょう。脇の下に冷たいペットボトルや保冷剤などをはさみ安静にします。自分で水分を摂ることができない場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

水分をとって症状がよくなった場合は、十分に休息をしてから自宅に帰るようにしましょう。

熱射病にならないために

熱射病をはじめとした熱中症は、適切に予防さえしていれば防ぐことができます。そのためには正しい知識が求められます。

熱中症が起こりやすくなるのは、夏のはじめや涼しい日が続いた後の急激に暑くなった日です。運動をする場合は体が暑さに慣れるのを待ってから、徐々に運動強度や量を増やすようにしましょう。ただし気温の高い日や体調が悪いときは決して無理をしないようにします。

体からは水分のみでなく塩分も失われてしまいます。こまめに水分を摂るほか、塩分の含まれたスポーツドリンクや塩飴などを摂取するようにしましょう。
なるべく吸湿性や通気性のよいものを着用するようにし、体に熱をこもらせないようにする工夫も必要です。

熱中症を避けるための食べもの・飲みもの対策

熱中症は何故起こる?

熱中症を防ぐためには長時間気温の高い場所にいないようにすることが大切ですが、どうしてもそのような状況を避けられない場合もあることと思います。

気温が高い状態が続き、汗をたくさんかくと、体から多くの水分、塩分、ミネラルが排出されてしまいます。汗を大量にかくと水分やミネラルが足りない状態になり、目まいや頭痛、吐き気や痙攣などを引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

熱中症を避ける食べ物・飲み物

熱中症は日頃から食べたり飲んだりするものを意識するだけでもかなり予防することができます。

熱中症予防によい食べ物と言えば、梅干しです。必要な塩分を摂取できるだけでなく、クエン酸ナトリウムや塩化カリウムなど効果的な栄養素がたくさん含まれているからです。そのほかにもレモン、スイカ、豚肉、ジャガイモ、うなぎ、長芋、ニンニクなどもオススメです。

熱中症予防によい飲み物と言えば、ミネラル入り麦茶です。汗をかくとミネラルも同時に排出されてしまうため、暑い夏に麦茶を飲むというのは理にかなっているのです。他にも味噌汁、牛乳、スポーツドリンクなども有効です。

おすすめの暑さ対策グッズ3選

クールタイプのボディシート

夏になって汗をかくようになると、気になるのが体の臭いですね。ある程度は仕方ないことと言え、できる限りの配慮をするのがマナーでもあります。

そこでおすすめなのが、クールタイプのボディシートです。匂いの原因となる汗を拭きとることができる上に、クールタイプであればひんやり感がしばらく続くので一時的に快適な気分を味わうことができます。

無香料のものから香りつきのものまで様々あるので、好みのタイプを見つけてみましょう。

炎天下に用意しておきたい

炎天下の中で仕事をしたりスポーツをしたりしなくてはならないこともあるかもしれませんが、いざというときのために準備しておきたいのが瞬間冷却材です。

万が一熱中症で倒れてしまったとき、叩くだけで瞬間的に保冷剤ができるので、脇や首などに当てて応急処置をすることができます。

真夏の部活やスポーツクラブ、工事現場などに常備しておくとよいでしょう。

節約暑さ対策グッズ

あまりお金をかけたくないけれど、涼しくなりたい…!そんな人にオススメなのが、霧吹きです。水を入れてシュッと浴びるだけで、少しの間だけでもひんやり感を味わうことができます。

まとめ

炎天下の対策についてまとめてみました。
熱中症は誰にでも起こり得ますが、特にお年寄りや小さなお子さんがなりやすく、あっという間に症状が悪化してしまうので決して侮ることはできません。
正しい知識を持ち、熱中症にならないように気をつけましょう。

海を目一杯楽しむには、こちらの記事もどうぞ! ▶トラブル無しでハッピー!海を楽しむ方法